ブログトップ | ログイン
sweetbrier
sweetbrier.exblog.jp
今週のお道具: クラフトピック

d0246726_1532660.jpg

「これがなかったらバスケットが作れません」と思うほど愛用している道具です。インストラクターコースに入って間もない頃、Stave(縦軸となる籐)挿しがなかなか思うようにいかず悩んでいたらO先生が「これ、いいわよ」と教えてくださいました。今でも感謝、感謝です。

ふつうの目打ち(左端)と比べると針先の部分が細長くなっています。写真ではよく見えないのですが、軸に定規のように目盛が打ってあって、それがまたキュートです。

d0246726_1494622.jpg

クラフトピックが優れているのは、針が細いのでベースの溝に針が入り、staveを根元から動かして間隔や角度を微調整できることです。そして、2~3段目を編んでいるときでも、写真のようにcane(編むほうの籐)の横の隙間から針を入れてstaveを動かすことができます。

売っているお店があまりなくて、教室用のストックは上京したときに渋谷か銀座の東急ハンズで買っていました。福岡の東急ハンズにはまだ置いていないようです。でも、Amazonで捜してみたらありました!アイガーツール「クラフトピック」

同じような針先が細長い道具はビーズ屋さんにもあるようです。


追記: 福岡の東急ハンズにもありました!(2012年1月17日)
by sweet_brier | 2011-12-22 23:20 | ナンタケットバスケット | Comments(0)
<< 9 inch Tote Basket LIVING PHOTO in... >>